フリーワードから選ぶ

ブランドから選ぶ

価格帯から選ぶ

Category

家具・照明(390)

ファブリック(313)

雑貨(1890)

キッズ(457)

ギフト(1891)

日本にある陶磁器の産地の数は60以上、
窯元さんの数はざっと4000以上ともいわれています。
陶磁器の産地の中で、
伝統工芸品に指定されているだけでも32産地(2019年時点)
その代表的な10の陶器産地を紹介します。
産地独自の土からできる茶碗は、産地によって、
どれも表情が異なり個性的で、揃えたくなる茶碗です。

  • 01 益子焼(栃木県)
    1853年に大塚啓三郎が現在の益子町に窯を開いたのが起源とされています。益子焼は、釉薬を犬毛筆で塗りつけるために、重圧感のある見た目と肌触りが特徴です。
  • 02 笠間焼(茨城県)
    丈夫で使い勝手がよく、新しい作品が多いのが特徴の陶器です。18世紀頃、久野半右衛門道延という人物が近江の陶工を招き、陶器を作り始めたのが起源とされています。
  • 03 美濃焼(岐阜県)
    日本で生産される陶磁器の50%以上のシェア、日本の代表的な焼物です。須恵器をルーツとし、現在では日本一の生産量を誇り、工房や問屋が多く、多種多様な製品が作られています。
  • 04 萬古焼(三重県)
    萬古焼とは三重県で主に生産される伝統的工芸品です。陶土の性質から、耐熱性が高く耐久性に優れ、土鍋のシェアの80%をしめています。
  • 05 信楽焼(滋賀県)
    もとは紫香楽宮(奈良時代)の屋根瓦を焼くことから始まったと伝えられています。信楽の土は質が良いことで名高く、ケイ石や長石が多く混じっている為に独特の肌の粗さがあります。
  • 06 伊賀焼(三重県)
    野趣溢れる独特の風合いが特徴の陶器です。8世紀頃の須恵器をルーツとしています。土は、かつて琵琶湖の湖底だった事もあり、気泡が多く、熱しにくく冷めにくいという特徴を持っています。
  • 07 丹波立杭焼(兵庫県)
    発祥は平安時代末期から鎌倉時代の初め。桃山時代までは「穴窯」が使用、その後「登り窯」が導入され、同時期に蹴りロクロの技術も取り入れ、その伝統技術が今に伝えられています。
  • 08 小石原焼(福岡県)
    福岡県で主に生産される伝統的工芸品です。刷毛目や飛び鉋、櫛目といった技法で描かれる模様が特徴的な陶器です。17世紀後半、伊万里の陶工を呼び、窯を築いたのが起源とされています。
  • 09 有田焼(佐賀県)
    16世紀に、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に日本へやってきた陶工が有田泉山にて陶石を発見し、磁器を作り始めたのが起源です。特徴は美しく透き通るような白磁にあり、その上に絵付けを施します。
  • 10 波佐見焼(長崎県)
    手ごろな値段でお洒落な器である波佐見焼は、17世紀初頭登り窯を築いたのが起源です。良質な陶石が見つかったのがきっかけでした。量産品を作ることで産地の規模を拡大しました。
あわせて使いたい器と道具
あわせて読みたいコンテンツ

体を整えてくれる健康的な食生活をはじめませんか。
毎日の食卓にぴったりな使い勝手のよい器を取り揃えました。

普段づかいの器も使い方を変えると、おもてなしの演出に。
こだわりの器や酒器がハレの食卓をより華やかに彩ります。

フリーワードから選ぶ

ブランドから選ぶ

価格帯から選ぶ

Category

家具・照明(390)

ファブリック(313)

雑貨(1890)

キッズ(457)

ギフト(1891)

PAGE TOP