フリーワードから選ぶ

ブランドから選ぶ

価格帯から選ぶ

Category

家具・照明(388)

ファブリック(325)

雑貨(2065)

キッズ(453)

ギフト(2038)

2020 ACTUS TEXTILE /DECORATION COLLECTION
暮らしをたのしむ部屋づくりのコツ

季節の変わり目にインテリアをアップデートしてみませんか。
2020年秋冬、アクタスがお届けするのは
“暮らしをたのしむ”部屋づくりのコツ。
このページでは、3つのテーマ別にスタイリングの基本を
紹介します。

おうち時間を明るく、心地よく過ごしたい

BASIC & PLAYFUL

フラワーベースやファブリックで色を取り入れて、
明るい印象のお部屋にアップデート。
クッションカバーの選び方はお部屋の印象を決める
大切なポイントです。
tips and tricks
― クッションカバーを選ぶコツ ―
  • 2+1の法則
    柄のあるクッションは組み合わせが難しい・・と思っていませんか?そんなときは、無地2枚に柄1枚の“2+1の法則”で解決です!この配分なら簡単にコーディネートがうまくいきます。さらに3つのクッションの色合いを合わせると、よりコーディネートの完成度がアップ。グレーやベージュのベーシックカラーにトレンドのグリーンを取り入れると、さわやかなコーディネートで、心地よいおうち時間のできあがりです。
  • 同系色でまとめる
    素材やデザインが違っていても、色やトーンを合わせるとコーディネートが驚くほど上手くまとまります。今シーズンのおすすめは、少し落ち着きのある深めのグリーンを、ホワイトなどのナチュラルカラーと合わせてコーディネートすること。遊び心があるオーガニックなデザインは、植物との相性もよく、リラックス空間を演出します。
  • 北欧ファブリックを取り入れる
    北欧のファブリックの美しい色合いは、心を和ませる魅力があります。スウェーデンのテキスタイルブランド「spira(スピラ)」のクッションカバーは、北欧の自然をイメージしたきれいな色合いが特徴。インテリアをナチュラルに、明るく飾りたいときに取り入れたいクッションカバーです。ダブルプリーツのデザインがアクセントの「DUBBLEVECK(ダブルヴェック)」は、無地ながらシンプルになりすぎず、柄のクッションカバーとの合わせもOK!コーディネートしやすいアイテムです。
こだわりのあるインテリアを楽しみたい

CITY RUSTIC

ユニークなデザインのアイテムで、
こだわりのあるインテリアにアップデート。
組み合わせのバランスが、個性を上手にまとめる重要なカギです。
tips and tricks
― 個性を上手にまとめるのコツ ―
  • お気に入りをフレームで飾る
    棚やチェストの上などがさみしいと感じたら、お気に入りをフレームに入れて飾ってみてはいかがでしょうか。アートだけでなくポストカードやショップカード、雑誌の切り抜きなど、テイストが異なるものでもフレームにまとめるだけでまとまり感が出ます。A4やA5サイズの小さめのフレームは、複数使いでバランスよく。A3以上の大きなフレームは、壁に立てかけたり、床に置くだけでも様になります。壁に掛けるのが難しい賃貸にもぴったり。「MOEBE(ムーベ)」のフレームは両面が透明なので、フレームぴったりサイズのアートではなく、余白を楽しむのがおすすめ。フレームをキャンパスに見立てて、個性的なコラージュが楽しめます。
  • ユニークなアイテムはさり気なく
    ユニークなデザインのオブジェは、ひとつ置くだけでかっこよく決まるので、実は誰でも簡単にデコレーションを上手に見せられる嬉しいアイテム。ディスプレイが苦手と感じている方におすすめです。ユニークなデザインはたくさん集めるのではなく、棚の上など狭い空間に少ない数でシンプルにまとめましょう。
  • ナチュラルカラーで整える
    クッションは気軽にお部屋のイメージを変えられる、リビングコーディネートには欠かせないアイテムのひとつ。個性的なデザインを取り入れるなら、ベースの色はモノトーンやナチュラルカラーのものがおすすめです。全体的なお部屋のトーンは変えずに、いつものインテリアに変化を加えることができます。「EASIER(イージア)」シリーズのクッションカバーは、オーガニックコットンで作られた肌触りのよさもポイントです。
スタイリッシュな部屋でリラックスしたい

WARM LUXURY

心地よくリラックスできる、
上質でナチュラルなインテリアにアップデート。
ワントーンの中に素材や質感の合わせ方が、
スタイリッシュさの決め手。
tips and tricks
― スタイリッシュさを演出するコツ ―
  • 魅せる“高さ”の法則
    ディスプレイを上手く魅せるポイントは、高さのちがう3つのアイテムを組み合わせて配置すること。「三角形の法則」を意識するとバランスよくディスプレイできます。木製の「PILLAR CANDLE HOLDER」のオブジェは3サイズ展開で、バランスをとって飾りやすいアイテム。木材や大理石、陶器などフラワーベースの素材をミックスしてコーディネートすることで、よりスタイリッシュに魅せることができます。
  • 植物のある暮らし
    リラックスできるお部屋には、季節のお花や枝ものなどの植物は欠かせませんね。季節の移ろいを感じさせる植物があるとことで、お部屋の満足度が変わりそうです。重心がしっかりしているフラワーベースは、枝ものや大きめのお花も安定して飾れます。お花を活けているときはもちろん、活けていないときもそのまま置いておけるオブジェのようなデザインがおすすめ。
  • ワントーンコーデのすすめ
    こだわって上質に作られたファブリックはあえて色味を加えず、いくつかの素材を組み合わせてみると、エレガントなコーディネートが楽しめます。リネンやコットン、ファーなどさまざまな素材をナチュラルなカラー同士で組み合わせてみませんか。トーンをまとめたコーディネートは、スタイリッシュで大人な空間を演出できます。

フリーワードから選ぶ

ブランドから選ぶ

価格帯から選ぶ

Category

家具・照明(388)

ファブリック(325)

雑貨(2065)

キッズ(453)

ギフト(2038)

PAGE TOP