アイテムカテゴリ

TOP   >    ACTUS STYLE BOARD   >    ・アートなインテリア・ 個性的なア...

ACTUS STYLE BOARD

スタッフスタイリング

・アートなインテリア・

2023.12.24


個性的なアイテムを、シンプルな空間に1点だけ飾るのは簡単。
でもそういったアイテムが好きな人の元には、いつの間にやらついたくさん集まってきて、気付けば全部が個性を主張していることも…。(私がそう)

もちろんどれも飾りたいアイテムたち。
でもインテリアとしても整えたい。

そんなときは「素材」や「色」、「質感」のどれかひとつでも統一させることで、不思議とみんな喧嘩せず落ち着いた空間になります🌟


例えば、この写真で大きな比率を占めるカラーは
・暗めのブラウン(壁や床、木家具)
・朱に近いレッド(サイドボード、植物)
・オフホワイト(サイドボードの天板、フラワーベース)
の3色がメインカラーとして統一されています。

アイテム自体はどれも個性的なものばかりですが、全体はなんとなく整っているように見えませんか🙂


また例えば「素材」であれば、木、ガラス、石、セラミック…
「質感」は、ツヤツヤ、透け感、マット…など様々ありますが
今回の「色」のように、いずれも3種類以内に収められると、整った印象になりやすいです☝️


(そこからさらに余分を省いて引き算することで、より洗練されたインテリアになるわけですが、今回は「飾りたいものを共存させる」お話なのでこれはまた後日に)


そんな私も自宅でそれを実現できているかと言われれば、そうでもありませんが…笑

「飾りたいものを好きなように飾る!」が、結局最も楽しくわけです🌿
ただこういったルールをちょっと覚えていると、好き勝手に飾った時にもなんとなく良い感じに仕上がったりしますので
ぜひ皆さまお試しあれ〜◎


🪴アグラオネマ レッドエッジ
葉の独特な色合いや模様が特徴的な植物。
品種によって葉色はシルバーがかったものや緑の濃いもの、赤、ピンクなどもあります。
色や模様の特徴的な植物はインテリアを引き締めるワンポイントにもなりますので、何か物足りないなという場所にはぜひそんな植物をひとつ置いてみるのもおすすめです。

お気に入りに追加しました。